So-net無料ブログ作成
検索選択

三宅村立中学校文化祭 [今日・昨日の出来事]

今日の三宅島、天気晴れ
最高気温21.0度、最低気温14.0度、風は東系、湿度66~90%

こちらは、今日(11月3日)の三宅島の月

撮影時刻は 11月3日20:48

名月と言えば、中秋の名月が真っ先に思い浮かびますが、
日本固有の習俗として旧暦9月13日にも月見をしていたんだそうです。

今日は旧暦9月13日
栗や豆をお供えとして月を愛でていたことから
栗名月、豆名月と呼ばれ、
中秋の名月と栗名月、片一方だけしか見ないのは「片見月」といって、
良くないこととされているそうです。
え~っ!中秋の名月、曇り空だったので見てないよ~
これって片見月ってこと・・・orz
あっ!思い出したぁ Baldhead1010さんのところで見せていただいたのだ。
バーチャルな月でも良しとしよう!

満月にあと少しの微妙な形の月に情緒を見いだす感覚、
侘(わび)寂(さび)に通ずる日本人ならではの美意識なのかもしれませんね。

さて、前置きがいつものように長くなってしまいましたが
今日は、三宅村立中学校において文化祭が開催されました。





開会式に続いて

舞台発表第一部は、郷土芸能発表でした。


トップを飾ったのは、伊ヶ谷獅子舞


続いて、坪田郷土芸能


次いで、神着木遣り太鼓


阿古獅子舞


伊豆天神太鼓


小さな赤ちゃんも声援を送っていました。

舞台発表第1部はここまで

展示見学・休憩時間が約30分
体育館内に舞台発表と展示がレイアウトされているので
見学も楽々でした。


こちらは、理科部作成の 三宅島の模型


シーカヤックの授業風景
いいなぁ~ 授業楽しそうで

草木染とクロスステッチ


こちらは、坪田中学校校歌


そして、阿古中学校校歌


手順が発表用にまとめられていました。


三宅島漁協の専務による授業風景と三宅島の天草(てんぐさ)
天草干しからトコロテン作りまで こちらも楽しそう~♪

展示見学・休憩終了後は、舞台発表第2部


教職員の先生方による合唱
曲目は、「涙そうそう


選択授業で音楽を選択している生徒達による演奏
曲目は、「オブラディ オブラダ」


器楽部による演奏
曲目は、惑星より 木星(ジュピター) & Sing Sing Sing
アンコールもありましたが・・・ 曲目が・・・


そして全校合唱
曲目は、「COSMOS」&「大地讃頒」



校長先生からの講評、文化祭実行委員長からの挨拶を経て
三宅存立中学校文化祭は幕を閉じました。

いつもと順番が逆ですが・・・

本日21:00時点の実況天気図
いであ株式会社提供のウェザーインフォメーションサービスのHPより

フィリピンの西にある台風19号様、
いつまでそこにいらっしゃるんですか?



リクエストにお応えして
昨日の記事にお花の写真をUPしました。
興味のある方、そちらもご覧いただけると嬉しいです。


nice!(8)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 10

yamaki

さすが文化の日。三宅でも文化祭があったんですね。
セーラー服と学ランがまぶしいわ〜。結構人数いますね。

小さなお花たち見ました♪画像ありがとうございます★
by yamaki (2006-11-04 05:52) 

みほ

はるか三宅の島にも、
13夜を愛でるお人がおられたのですね。
お見事です。
13夜の表題が、見つからなかったものですから、
そういうものかと思っていたのですが、よかったよかったです。
by みほ (2006-11-04 11:36) 

Baldhead1010

昨夜の十三夜月、まん丸くないところに風情を感じるのは、すねた日本人の心でしょうか?^^

トコロテンてなんで、心太と書くのでしょうね?
by Baldhead1010 (2006-11-04 15:49) 

ゆらり

噴火のころ、皆が不安な夜を過ごした体育館でしたが
いまはこうしてみんな笑顔で過ごせる場所になったのですね。よかったです。
by ゆらり (2006-11-04 22:34) 

いつまでも継承してほしい文化のセッションでしたね。
すごく、あったかい雰囲気が伝わってきました。
by (2006-11-05 03:33) 

あゆ

十三夜・・ここで見せていただきました。きれいなお月様ですね。太鼓の音が聞こえてきそうです。
by あゆ (2006-11-05 21:09) 

浦島太郎

郷土芸能があるのがいいですね。
こういうものはずっと伝承していけるといいですね。
by 浦島太郎 (2006-11-06 19:40) 

浦島太郎

なぜかこの記事・・・ちっともnice! が押せなかったのですが、
ただいま、押すことが出来ました。
で、1000nice! だった模様です。ご報告いたしておきます。
by 浦島太郎 (2006-11-06 20:13) 

とよっち

>yamakiさん
えっへん、結構な人数でしょ 確か48人だったかな?
今は3校が一つの校舎で学んでいるので制服が微妙に違います。
制服は違っても心はひとつ、生徒達がんばってました。

>みほさん
記事を分ければいいのでしょうけど・・・
私の記事、時々タイトルだけでは分からないときがあります。

>Baldhead1010さん
それが侘び寂びなのかもしれませんね。
語源由来時点によれば・・・
ところてんの歴史は古く、テングサを煮溶かす製法は遣唐使が
持ち帰ったとされる。
当時は、テングサを「凝海藻(こるもは)」と呼んでおり、ところてんは
俗に「こころふと」と呼ばれ、漢字で「心太」が当てられた。
「こころふと」の「こころ」は「凝る」が転じたもので、「ふと」は「太い海藻」を
意味していると考えられているが、正確な由来は未詳。
室町時代に入り、「心太」は湯桶読みで「こころてい」と呼ばれるようになり、
更に「こころてん」となり、江戸時代の書物では「ところてん」と記されている。
とのことです。手抜きですみません。

>ゆらりさん
そうですね、避難場所であった体育館ですね。
地震の大きさ、数も半端ではなく 地震に酔ってしまったという人の
話も先日耳にしました。

>誠大さん
参観する人は、生徒達の親御さんがやはり多いのだと思いますが
村全体で盛り上げようという雰囲気が漂っていていいものです。

>あゆさん
十三夜、この日は栗名月
お楽しみいただけたようで何よりです。
太鼓の音は、心に響きますね。

>浦島太郎さん
イベントごとに見ている郷土芸能ですが、
何度見ていても飽きませんね。
1000nice!ブロック?してたかな?(笑)
1000nice!踏んでいただきありがとうございました。
by とよっち (2006-11-07 20:50) 

過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック!

ちょっとしたことに気づくだけで、あなたの月収は最大2倍になります。公開期間を限定しておりますので、今すぐチェックしてください
by 過去最高記録更新中!何もしないでなぜ儲かる!?秘密の方法を限定公開中。今すぐクリック! (2010-04-28 17:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。